親知らずとは

親知らずの基礎知識

親知らずは、正式には第三大臼歯と言います。知歯と呼ばれることもあります。一番前にある前歯から数えて8番目、大人の奥歯の中で最も後ろにある歯です。永久歯の中で最後に発育します。
他の永久歯は通常15歳頃までには生えそろいますが、親知らずは10代後半から20代前半に生えてきます。そのため、親に知られずに生えてくる。それが、この歯が「親知らず」と呼ばれるようになった所以とも言われています。
親知らずはすべての人に生えているというわけではなく、もともと親知らずが備わっていない人や、4本揃っていない人もいます。

親知らずの生え方

親知らずは、成長がほぼとまった後に生えてくるため、生える場所が不足していたり生える方向が違っていたりして歯並びが定まりにくくなっています。埋まったままになったり、傾いて生えてきたりすることもめずらしくなく、そうした生え方のせいで歯茎が圧迫されたり、あごの骨に圧力がかかったりして、痛みが出てくることがあります。

親知らずは抜いたほうが良いのか

当院では、親知らずという歯は人間の進化の過程で退化していて、現代の日本人にとっては必要がないものだと考えています。何かの役割を果たすというよりも、存在していることでの弊害のほうがむしろ大きいのです。例えば、歯並びが悪くなったり、磨きづらいので虫歯になりやすかったりといった具合に。

 

親知らず以外の歯は当然一生大事にしていただきたいので、トラブルが起きた場合でもできる限り残す方向で治療を進めます。しかし親知らずに関しては全く逆で、特にトラブルが起きていなくても基本的には抜いた方が良いというのが、当院の方針です。

親知らずを放っておくと・・・

親知らず以外の大事な歯にトラブルが及びます

親知らずは真っ直ぐに生えていないことも多く、虫歯などができやすい環境にあります。例えば斜めに生えていた場合、隣の歯との間に隙間ができます。そこに食べカスがたくさん詰まり、虫歯や歯周病を引き起こします。親知らずが虫歯や歯周病になるならまだしも、隣の大事な歯まで一緒にトラブルになってしまっては大変です。
また、親知らずが横向きに生えている場合、後ろから他の歯を押すことになるため、前の歯の歯並びが悪くなることもあります。
必要な大事な歯を守るために、親知らずが横や斜めを向いて生えている場合は特に、早めに抜いてしまいましょう。

トラブルが起きてからの方が抜歯も大変になります

親知らずは生活していく上で不要な歯なので、もし虫歯などのトラブルになっても抜いてしまえば良いとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、親知らずに限らず、虫歯などでボロボロになった歯を抜くのは、健康な歯を抜くよりも難しいのです。結果的に健康な状態で抜くよりも時間がかかってしまったり、大きく掘り出さなければいけなかったりして、患者さんの負担も大きくなってしまいます。
トラブルがなくても早めに対処することによって、比較的簡単に、患者さんの負担も少なく抜歯することが可能になります。
抜く際の負担を軽くしたいと思われるのであれば、虫歯などになる前に、早めに抜かれることをおすすめします。

妊娠・出産をお考えの女性へ

妊娠・出産でホルモンのバランスが崩れると、口の中の炎症が起こりやすく、悪い菌が活動しやすくもなります。親知らずという、ケアしにくくトラブルの起こりやすい歯があれば、リスクはさらに高まります。
歯の治療にも当然薬を使いますので、妊娠期や授乳期は極力避けることをおすすめします。また、体調の安定しない時期に、抜歯など体への負担がかかる治療を行うのは、医院としても避けたいところです。
仮に、妊娠中や授乳期間中に親知らずにトラブルが起こってしまったら、痛みを我慢するか、薬を服用するかの二択を迫られることになります。これらは恐らくどちらも避けたい選択肢でしょう。
よって、妊娠・出産をお考えの女性は、赤ちゃんを授かる前に親知らずを抜いておくことをおすすめします。親知らずが顔を出していたり、痛みの兆候があったりすればなおさらです。
妊娠中の歯のトラブルは、胎児に影響したり、流産・早産の原因にもなったりするとされていますので、親知らずの治療を含めて、予防歯科に努めましょう。

親知らずを抜く時期について

親知らずは20歳前後でできあがると言われていますが、その時期になると、大きな歯を抜かなくてはなりません。骨の中で親知らずの子どものようなものができ始めるのが小学校高学年くらいです。当然、大きな歯を抜くより小さな歯を抜くほうが負担は少ないので、親知らずが完成してしまう前の子どもの時期に抜いてしまうのも、ひとつの選択肢だと考えています。

抜かないほうが良い場合

上下の親知らずがきちんとかみ合っている場合

人間の歯というのは、上と下でかみ合うことで食べ物の流れを作り、歯をきれいにし合っています。かみ合う相手がいないと、食べカスがたくさん詰まってしまい、虫歯になりやすくなってしまいます。上下どちらかだけ親知らずが生えている場合は、かみ合う相手がいなくてトラブルの原因になりやすいので、抜歯をおすすめします。ただし、上と下の親知らずがきちんとかみ合っていて、特にトラブルがなければ、無理に抜かずにこのまま様子を見ても良いと判断することもあります。

入れ歯を支える場合

年配の方で、他の永久歯がなくなってしまっていて、入れ歯をはめる際にバネをかけるのに必要な場合は、親知らずがきれいに真っ直ぐ生えているのであれば残した方が良いことがあります。

ケースバイケースで判断しています

まず診察で状況を見て、抜いたほうが良いと判断すれば抜歯をおすすめしていますが、やみくもに、「親知らず=即抜歯」と考えているわけではありません。今の状態なら無理して抜かなくても良いというケースもありますので、詳しくは診察の際にご相談ください。

親知らずが痛む原因

1.上下の親知らずの差

上下の親知らずで生えてくる時期が違った場合、もしくは上下どちらかの親知らずだけが生えている場合、生えた歯がまだ生えていない方の歯茎をかみ込むことになります。そうなると、傷付いた歯茎が炎症を起こし、痛みが出る原因となります。

2.歯と歯茎の隙間

人間の歯は「歯冠」と呼ばれるエナメル質の部分と、歯茎の中に埋まっている「歯根」部分に分かれています。歯根部分は歯茎と密着して埋まっていますが、エナメル質の部分は歯茎と結合しない組織でできているため、歯と歯茎の間に歯周ポケットのような隙間がうまれてしまいます。隙間があるとどうしても、そこに食べカスが入って菌が繁殖し、炎症を起こし、歯槽膿漏などに繋がってしまうのです。例え歯茎とかぶっていたとしても歯と歯茎の間に隙間ができるため、歯茎に埋もれがちな親知らずは特に、その隙間が深くなる傾向にあります。深い隙間はお手入れも難しく、トラブルを起こしやすいので、その結果、歯茎の腫れや痛みが出てくることになります。

3.隣の歯との隙間

親知らずが斜めに生えていると、隣の歯との間に隙間ができ、そこに食べカスが溜まって虫歯になりやすくなります。親知らずでも虫歯が進行すると、中の神経が刺激され、痛みに繋がります。いわゆる虫歯の痛みです。

ご予約・ご相談はお気軽に

親知らずのことでお悩みでしたら、西菅田歯科医院までご相談ください。

  • tel_045-472-7715.png
  • tel_045-620-5592.png
  • ご予約はこちら